設定を選択してください。

モノモノ~物書きたちの物語~

06 ショーのお話
 僕は次の話を投稿した。ユウキとチエミがサッカーの観戦に行く話だ。そこで、カバンに隠れていたリョクが出てきて大騒ぎ。
 閲覧数とブックマーク数は相変わらず伸びないが、自分では満足している。
 篠原の作品はというと、ついに累計ランキングの下位に食らいつくようになった。
 桜口さんも、順調に投稿を続けている。
 そうこうしている内に、校外学習の日になった。



「晴れたわね!」

 深田は天に向かって両手を突き出した。
 黒のプリーツスカートにベージュのセーター、それにショルダーバッグという恰好。
 胸元に食い込むバッグの紐が目の保養、いや、何でもない。

「よかったね、ゆかりちゃん」

 対する桜口さんは、デニムにピンクのカーディガン。私服も地味だろうと思っていたのだが、意外と華やかな色彩だ。
 僕と篠原は、服装には無頓着なので、特にお洒落などしていない。

「じゃあ、一旦解散な。十二時の集合、忘れるなよ!」

 そう言って篠原は、深田と一緒に意気揚々とジェットコースターに向けて駆けて行った。

「えっと、上野くん。あたしたちはまず、マジックハウスだったね」
「うん、行こうか」

 僕たちは、周りの目を気にしつつ、パークの奥へ歩いていく。
 女の子と二人っきり。それは、こういうテーマパークにおいては珍しくもない光景なのだが、いざ自分がそういう立場に置かれると、そわそわして仕方がない。



 マジックハウスとは、背が大きく見える鏡や、トリックアートが置かれているアトラクションだ。
 はっきり言おう。子供向けである。僕たちの他には、小学生くらいの子供とその親しかいなかった。

「見て、上野くん。こうすると、わたしの方が上野くんより背が高いよ!」

 桜口さんは、案外楽しんでいるようで、いちいち感嘆したり、写真を撮ったりしている。
 それを見ているだけで、僕はどうにも幸せな気分になる。
 もし僕に妹がいたら、こんな感じなのだろうか。

「わわっ、床がゆがんでるよ!」
「桜口さん、気をつけて!」

 よろけそうになる桜口さんの手を、僕はぎゅっと引っ張る。

「あ、ありがとう」
「どう、いたしまして」

 桜口さんの体温が、右手に残る。僕はそれを逃さないように拳を握りしめる。
 ……何やってるんだろう、僕は。
 それから、いくつかのアトラクションを体験した僕たちは、少し早めにレストランに着いた。



 篠原と深田は、遅れてやってきた。

「ごめんごめん! 思ったよりも混んでてさあ」

 深田が言うと、桜口さんが首を振る。

「ううん、いいの。楽しかった?」
「そりゃあもちろん。篠原ったら、すごい叫び声上げててさ。あんたらにも聞かせてやりたかったわ」

 僕たちは、それぞれ好みの洋食を注文する。僕はハンバーグだ。

「並んでたら、他のクラスの連中と出くわしてさ。深田と付き合ってんのか、って聞かれちゃったよ」
「違うのにねー」

 幸運なことに、僕と桜口さんは同じ学校の人と出くわさなかった。きっと、子供向けのアトラクションばかり選んでいたせいだろう。
 僕はハンバーグを切り分けながら、篠原と深田のやりとりを黙って見つめる。こいつら、本当に付き合っちゃえばいいのに。

「ねえ、上野くん。わたしたちもそう、見えちゃうのかな?」
「大丈夫だよ」

 何が大丈夫なのか自分でも分からないが、僕はそんな間抜けな返事をした。



 昼食後、僕と桜口さんはショーを見に広場へとやってきた。既に大勢のお客が場所取りをしている。
 丁度ぽっかりと空いた隙間に、僕たちは身体を滑り込ませる。
 思っていたよりも、狭い。
 僕たちはほぼぴったりとくっついた格好になってしまう。桜口さんのシャンプーの香りが鼻孔をくすぐる。

「ほ、他の場所にする?」
「いいよ、ここで」

 僕の肩と、桜口さんの肩が触れている。ここはテーマパークだ。満員電車のようなものだ。そう思うことにした。

「あっ、始まるよ!」

 トランペットの音色が高らかに鳴り響き、賑やかな音楽が聞こえてくる。
 ざわつく観客たち。前に出ようとする者、カメラを構える者、様々だ。
 僕はぼおっと突っ立ったまま、キャラクターが出てくるのを見守る。

「ニャンティだ! 可愛い!」

 桜口さんはカメラを構え、白い猫のキャラクター、ニャンティを撮影し始めた。それから彼女が大きく手を振ると、なんとニャンティがこちらにやってきた。

「お嬢さん! ニャンティが一緒に踊りたいって言ってるよ!」

 ラテン系の顔つきをした男性パフォーマーが、ニャンティを代弁する。
 そしてニャンティは桜口さんの手を取り、彼女を引っ張り出す。

「上野くん!」

 さすがに高校生が一人であの場に出るのは恥ずかしいのだろう。僕も一緒に出ていくことにする。

「はい、両手を鳴らして! ワン、ツー、スリー、ゴー!」

 パフォーマーの動きに合わせて、僕たちは踊り出す。簡単な身振りだ、しかし桜口さんはついていけていない。僕はそれが可笑しくなって笑う。

「もう、上野くんったら!」

 僕に向かってふくれっ面をする桜口さん。それがとても、可愛らしく思えた。
次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する