設定を選択してください。

灰銀の楽園

古代の記録
 ――国は――によって後退しつつある中、我が国――は今こそ世界の頂点に立つことを決めた。
 しかし、技術力に関しては――や――の方が大きく上回っており、それを打破するのは不可能であると判断した。
 そのため、我々――は――としての進化の先を目指す。
 しかし、この実験には非人道的な要素が加わるため、秘密裏に行うこととなる。
 政府と繋がりの深い医療機関、――家が代々継いできた総合病院を拠点に行うことが決定した。
 時間はいくらでもある。
 なんせ――のほとんどは焼け野原になり、――によって土地が死んでしまっているのだから、数百年単位の余裕はあると見て間違いないだろう。
 まずは世界中から――、物質、現象等の情報を集めることだ。
 そして、それらを統合することが出来る――の開発も進める。
 全ては我が国のために。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する