設定を選択してください。

浅井長政の結婚記念日【総ルビ及びチャットノベル対応】

浅井長政の結婚記念日
 浅井長政あざいながまさには三分さんぶん以内いないにやらなければならないことがあった。
 つまであるおいちが、もうすぐ風呂ふろからがる時間じかんであった。それまでに彼女かのじょには内緒ないしょにしたためている書物しょもつ書道しょどう用具ようぐかくさねばならなかった。

「……いそげ、時間じかんがないぞっ」


 いそぎつつもあわてずに、くら目指めざしてすす長政ながまさかれ明日あした結婚けっこん記念きねんむかえるのであった。

 信長のぶながこう政略せいりゃく結婚けっこん彼女かのじょ長政ながまさとつがせたことは、明白めいはくである。だがそれをりながらも、かれ手放てばなしによろこ彼女かのじょむかえた。

 そのかれにしてはめずらしく、しろつかえる女中じょちゅうたち総動員そうどういんしてありとあらゆる料理りょうりつくらせて、彼女かのじょむかえるおいわいのうたげひらいたのであった。



 ただそれをたおいちは、よろこ一方いっぽうでわずかながら遠慮えんりょえる笑顔えがおせたのであった。長政ながまさは、ただ一人ひとりそれを見抜みぬいていた。

 よろこんでくれたことには間違まちがいないが、かれ自分じぶん自身じしんで「これだけではまだなにりない」とおもっていたのであった。

――それのこたえをった長政ながまさは、ひとつきまえになってきゅう女中じょちゅうたちのもとけた。そしてかれ殿とのという立場たちばでありながらこうって女中じょちゅうたちあたまげた。

いちには内密ないみつに、わたし料理りょうりおしえてほしい」


――そう、今年ことし結婚けっこん記念きねんのおいわいは、なんと長政ながまさみずか彼女かのじょ料理りょうりつくるというもの。それも、直前ちょくぜんまで彼女かのじょにはづかれないようにすると。

 女中じょちゅうたち猛反対もうはんたいするも、かれ決意けついかたかった。

去年きょねんおなじやりかたでは、気持きもちまではとどかんのだっ! たのむ!」

 これが、長政ながまさつけた、あいつたえる方法ほうほうこたえ。いまくらはこんでいる書物しょもつは、料理りょうり手順てじゅんみずからのこし、当日とうじつ絶対ぜったい失敗しっぱいしないようにという理由りゆうでしたためたのだった。



――そして、当日とうじつ長政ながまさはおいち食事しょくじせきれてった。

「――長政ながまささま、今日きょうのお料理りょうりって?」


 配膳はいぜんされた料理りょうりて、おいちはやくもいつもとのちがいにいたようだ。

「――いちよ、今日きょうなにか、おぼえておるか?」

「……おぼえているよ。長政ながまささまといっしょに、このおしろにやってきただから」

「そうだ。去年きょねんきみがどこか遠慮えんりょしながら料理りょうりをとっているのをて、わたし自分じぶん間違まちがいにいた」


――その言葉ことばき、おいちはますますおどろいた。

「――やっぱり、いていたんだ」

「だから、今日きょうわたしみずからが料理りょうりつくった。今日きょう久々ひさびさ二人ふたりきりで、一緒いっしょべよう」


 おいちはじめにいたのは、けのちがい。女中じょちゅうたちのいつものけとは、まったことなるくせていたこと。

長政ながまささま……ありがとう」


 彼女かのじょらとくらべたらまだまだうつくしさがりないが、自分じぶんのことをおもっているだれかが苦手にがてなりに一生懸命いっしょうけんめいつくったということは、彼女かのじょもわかっていた。

「……わたしも、その言葉ことばけてうれしいぞ」






――あと長政ながまさは、信長のぶながこう方針ほうしんちがいをめぐってあらそうこととなり落命らくめいする。
 だがかれは、間際まぎわにあってもおいちあいしていたという。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する