設定を選択してください。

ラストドリーム

ラストドリーム
総統そうとう! このままではもうすぐ最終さいしゅう防衛ぼうえいラインが突破とっぱされます!」
総統そうとう! 本土ほんどへの帰還きかん命令めいれいくだしたシュタイナーの部隊ぶたいもどってきません!」
総統そうとう! もううごける衛生兵えいせいへい余裕よゆうがありません! このままでは負傷兵ふしょうへい救護きゅうごが――」
『『『総統そうとう! 総統そうとう! 総統そうとう!!』』』

 かれらは無線むせん経由けいゆみずからのぐんひきいる総司令官そうしれいかん『エイドラフ・タウゼント総統そうとう』に報告及び進言を送っていた。
 だがかれらの声は総統そうとうには届かない。なぜなら総統そうとうは、無責任なことにも既にこの戦いを放棄していたから。



 かれの耳に雑音は届かなかった。それは人生最後に描くを描き切ったため。
 かれは青年時代、画家がかを目指していた。そのためにこのくに一番いちばんの美術大学を受験した。

 だがかれの夢は結局叶わなかった。故にかれ軍人ぐんじんとなり、長い時を重ねて総統そうとうとなった。そして今、連合国れんごうこくの猛攻を受け敗戦はいせんの時が刻一刻として迫っている。

 かれは決して無能な軍人ぐんじんではなかった。むしろ有能すぎるほどであった。だからこそ連合国れんごうこくかれの才能と思想しそうを恐れた。

 かれに無数の伝令を送る部下達は改造人間にされた兵士達へいしたち。誰も自覚などしていないが、全員がかれ思想しそうの被害者であった。

 そう、かれ敗戦はいせんを間近にした時になって、封印していた『画家がかになる』という夢を思い出したのだ。




 連合国れんごうこく軍の兵士へいしが、かれ総司令部そうしれいぶにたどりいたときは、すでかれ拳銃けんじゅう自殺じさつしていた。
 そしてかれは、連合国れんごうこくに加盟した国家の言語の全ての分の遺書を書いていた。

君達きみたちの勝利を祝して私の最後のおくる。君達きみたちがこれをぞんざいに扱おうと、すでに私には君達きみたちを恨む権利はない』

 奇しくも連合国れんごうこく軍の兵士達へいしたちは、エイドラフ総統そうとうが最後に観た景色をおもんばかったのか、このの銘を『ラストドリーム』と命名した。

 戦争せんそうわったあと連合国れんごうこく軍の兵士へいしかれ丁重ていちょうに扱った。そして連合国れんごうこく盟主めいしゅであったくに一番いちばん大きな美術館びじゅつかんに寄贈したという。この極悪人ごくあくにんエイドラフが生きたあかしのひとつとして、記憶きおくされることになった。

――世界中から憎しみを背負ったこの男が、自分達と同じひとりの人間であったという証拠として。そして――どんなに素晴らしい画家がかだとしても、過ちを犯すあかしとして。

最新話です



トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する