設定を選択してください。

漫才:脳内変換

漫才台本
ボケ:  「最近、脳内変換がひどくてね」
ツッコミ:「どうした、いきなり? 脳内変換て何だよ?」

ボケ:  「目にした文字とか言葉が、脳の中で勝手に変換されて違う言葉になっちゃうんだよ」
ツッコミ:「大丈夫か、それ? たとえば、どういうこと?」

ボケ:  「『最近暑いんでエアコンガンガンにして寝る』って文章があるとするじゃん」
ツッコミ:「ああ。ブログとかツイッターでありそうだな。それが?」

ボケ:  「それを見ると、頭の中で勝手に『エアガンコンコンして寝る』に変わっちまうんだよ」
ツッコミ:「何だよ、それ? 寝る前にエアガンをコンコンするって、どういうことだよ?」

ボケ:  「知らねえよ。脳が勝手にやってんだよ」
ツッコミ:「気持ち悪いな。お前の脳」

ボケ:  「うるせえよ。あとな、『スキマスイッチ』っているじゃん」
ツッコミ:「ああ。二人組の歌手な?」

ボケ:  「デュオって言えよ。恥ずかしいな」
ツッコミ:「良いだろ、別に! 分かりやすくて」

ボケ:  「『スキマスイッチ』が『スキマスイクチ』に見えちゃうんだよ」
ツッコミ:「何だよ、スキマ吸い口って。何を吸うんだよ?」

ボケ:  「知らねえよ。掃除機のアタッチメントじゃねえのかよ?」
ツッコミ:「……便利そうだな。違うだろ! 『スキマスイクチの全力少年』って何だよ?」

ボケ:  「知らねえっつってんだろ! アルバイトでビル掃除してる学生じゃねえのかよ」
ツッコミ:「一所懸命掃除しそうだな! 他にも何かあるのかよ?」

ボケ:  「『カンガルー便』てあるだろ?」
ツッコミ:「ああ。宅配便か」

ボケ:  「あれを見ると、『カツカレー便べん』て脳内変換されちゃうんだよ」
ツッコミ:「だから、何なんだよカツカレー便て? 下ネタか?」

ボケ:  「知らねえよ。カツカレーが入った弁当じゃねえか?」
ツッコミ:「……そっちの弁? 書いてくんないとわかんねえよ!」

ボケ:  「ラテ欄なんか、読むのが大変なんだよ」
ツッコミ:「たとえば?」

ボケ:  「『もののけ姫』が『そこの毛ひげ』に見えちゃうんだよ」
ツッコミ:「どういうシチュエーションなんだよ? とりあえず宮崎駿に謝れよ」

ボケ:  「脳内変換だから仕方ないだろ! アシタカの顎に剃り残しがあったんじゃねえの」
ツッコミ:「あったかもしれねえけど! 言わなくていいよ、サンはそういうこと」

ボケ:  「ユーミンの『恋人はサンタクロース』ってあるだろ?」
ツッコミ:「無限に出てくるな?」

ボケ:  「あれが『冬眠の臭い豚は洗濯する』って変換されるんだよ」
ツッコミ:「そこまで行ったら無理やりだろ? 何だよ冬眠の臭い豚って」

ボケ:  「知らねえよ。間違って半年も冬眠したら、豚だって臭くなるだろうが」
ツッコミ:「春になって匂いを落とすために洗濯しよう、じゃねえよ! そんな歌ねえだろ!」

ボケ:  「脳が勝手に変換するんだよ。俺だって大変なんだから」
ツッコミ:「確かにそれだけ脳内変換が起きてたら生活しにくいだろ?」

ボケ:  「いや、毎日ヨーグルト飲んでるから俺の腸内環境は最高だぜ」
ツッコミ:「そこも変換すんのかよ! 腸内環境じゃなくて、脳内変換!」

ボケ:  「庄内平野? 山形に行く用事はないぜ?」
ツッコミ:「言ってねえよ! お前、脳じゃなくて耳が悪いんじゃねえのか?」

ボケ:  「気味が悪い? いや、俺は気味が悪いんじゃなくて、意地が悪いだけだ」
ツッコミ:「わざとやってたのかよ? もういい! やめさせてもらうわ」

(完)

最新話です



トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する