設定を選択してください。

スピリティッドアウェイ

悪夢の始まり
 大きなスーパーマーケットの中を、一組の親子が歩いていた。
 その親子は父親と小さな娘で、父親はカートに娘を乗せながら歩いている。

 この年頃の子どもはよく動く。
 目を離すと、あっという間にどこかへ行ってしまう。
 とはいっても、この娘は分かりやすい子で、父親から離れても行く先はお菓子売り場しかない。

 だから、父親、マイケルは気を抜いていた。
 レジに並びながら、財布を出すために娘のジェシカから目を離してしまったのだ。

 財布を取り出してカートに乗せたジェシカの方を見ると、そこにいたハズのジェシカは忽然と姿を消していた。

「ジェシカ?」

 マイケルはジェシカがカートから飛び降りたのかと思い、周囲を見回し、カートを押しながらお菓子売り場へと向かう。
 大袋のチップスが並ぶ売り場を歩き、ジェシカを探したが、どこにもジェシカはいなかった。

(もしかして、車に戻ったのか?)

 そう思ったマイケルは、商品の入ったカートを店員に預け、駐車場へと駆け出す。
 自分の車へと向かったが、そこにもジェシカはいなかった。

 体温が下がっていくような、血の気が引く感覚を抱いたマイケルは、必死にジェシカの名を叫ぶ。

「ジェシカー! ジェシカァ!」

 周囲の人々の視線を集めながら、駐車場の真ん中でマイケルは叫んだ。

「ジェシカァァァァ!!」

 しかし、ジェシカが姿を現すことは無かった。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する