設定を選択してください。

少年賢者アルム・サロクの事件簿 ~小さい天才は謎を相手に無双する~ 【魔法陣殺人事件】編

少年賢者の推理:本当の殺害現場
「アインハルトさん、その宝石はどこにあったの?」
「屋敷の裏の森の、池の中に落ちていたよ。まるで、狙いすましたかのようにな」
「……計算の最後の【角度】と【距離】がこういうことだよ。事件の後、森の中に誰かが入ってルビーを見つけかねないから、より見つかりにくい池の中に落ちるように、調整したんだろう」

 俺の推理に、ダリアの表情からは完全に余裕が消え去っていた。こちらをじっと見やり、口の中で何かを唱えるように呟いている。かすかに聞こえる限り、魔法の呪文などではなさそうだった。

「だ、ダリア……!!」
「奥様……!!」

 夫であるギルバーツや使用人たちも、ダリアから距離を取り、驚くような視線を外すことはない。周囲も、完全に彼女を犯人だと断定していた。

 そんな雰囲気を感じたダリアは、ぶつぶつと呟くのをやめると、こちらをきっと睨んだ。

「――――――そ、そのルビーは盗まれたのよ! お色直しをしている間に! だから、そのルビーは私がやったっていう証拠にはならないわ!」
「ほう、盗まれた?」
「そうよ! 犯人はそのルビーを盗んで、爆発を隠ぺいしたに違いないわ!」
「では、なぜそれを盗まれた直後に言わなかったんですか? この大きさのルビーがなくなれば、中々の大騒ぎになるでしょう」
「それは……! パーティーの最中、騒ぎを起こすのはマズいと思って……!」

 それこそ不自然な言い訳だ。パーティー中に宝石が盗まれたのなら、それこそ賓客に犯人がいるのかもしれないのだから、より主張すべきだろう。

「そ、それにっ!! アルムくん、貴方の言うことはすべて空想じゃないの! その証拠に、マーカスの遺体はどこにもないじゃない!!」

 恐らく言いながら活路を見出したと思ったのか、ダリアの口は急に饒舌になり始めた。

「そもそも、お色直しの時間で、別の場所でマーカスを殺したとしたら、そんな場所がどこにあるのよ! この屋敷で、誰もいないところにコッソリとマーカスの死体を隠しておくなんてできるわけないわ!! このお屋敷には、使用人がいたるところで働いているのよ!? ずっと見つからないでいるなら、爆発して跡形もなく消えたと考える方が自然だわ!!」

 彼女の必死の言葉に、学者たちも顔を見合わせる。そしてそんな学者たちの方を、ダリアは睨みつけた。

「大体貴方たちだって、【宝石魔術】を知っているのでしょう!? それに、あんな複雑な計算、私なんかより貴方たちの方が得意でしょう! マーカスの属性だって、【エレメントフルーツ】を知っていればわかったはずじゃない! アルムくんみたいな、子供でも気づけるのだから!!」
「そ、それは……」
「貴方たちでしょう! 貴方たちの誰かが、マーカスを殺したに違いないわ!! 子供には到底思いつかない、凄い方法を使ってね!!」

 学者たちに向かって必死に叫ぶダリアを見つつ、俺はアインハルトに目配せした。彼女はこちらに気づくと、コクリと頷く。――――――どうやら、無事に見つかってくれたらしい。

「――――――そこまで言うなら、見に行きましょうか」
「――――――は?」

 俺の言葉に、さっきまで叫んでいたダリアは、ぴたりと動きが止まる。

「皆さんも、いい加減気になるでしょう。【マーカスさんが、どこで殺されたのか】」
「あ、ああ。書斎ではないとしたら、一体どこなのか、皆目見当がつかん」
「それは行けば分かりますよ。そこまで遠くじゃないですから」

 俺はそう言いながら、背後にそびえる新館を指さす。

「……そこには、あるはずですから。【マーカスさんの遺体】も、【夫人が犯人であるという証拠】もね」

*****

 新館の中に入った俺たちは、1階の奥へと進む。ぞろぞろと歩く、先頭は俺とリリー、そしてアインハルト。
 ダリアは逃げたりしないよう、学者や使用人たちに囲まれ、集団の中央を歩いている。その美しい顔には、明らかな焦燥が浮かんでいた。しかもそれは、屋敷を進めば進むほど顕著となる。

「……マーカス様は、1階で殺害されたのですか?」
「そう。夫人、貴方はこの計画を、マーカスさんをどこで殺すかも計算ずくだったんだ。いや、【その場所の存在を知ったからこそ、計画を思いついた】と言った方がいいかな」
「その場所の、存在……?」
「この屋敷は、マーカスさんが主導で建築していた。当然、間取りなんかもマーカスさんが用意して、その通りに建てられたはずだよ。そうだよね?」
「え、ええ。我々屋敷の者も、お屋敷の間取り図を拝見しております」

 セバスチャンの言葉に、俺はうん、と頷く。これも予想通りだ。

「その時に見た間取り図には、【書いていない部屋があった】んだよ。【マーカスさんが意図的に隠した部屋】がね」
「……マーカス様が!?」

 そう言っているうちに、俺達は目的の部屋へと到着した。そこは――――――。

「……ここは、【使用人の女子更衣室】じゃないか?」
「そう。そして、マーカスさんはこの新館で、あることについて神経質になっていた。旧館では気にもしていなかったことを」

 それは、【壁によりかかってはいけない】ということ。屋敷の者、特に使用人には、それを厳しく徹底させていた。

「でも、それは「だらしない姿を見せるな」という意味じゃ……」

「そんなんじゃないよ。あの言葉の本当の意味は―――――【壁の隠し扉がバレるかもしれないからやめろ】ってことだったんだ。誰がどこの壁によりかかるかなんて、わからないからね」

「……か、【隠し扉】!?」

 その場にいた全員が、驚きの余り目を見開く。……ダリアと、すでに俺が教えているアインハルト以外は。

「そう。そして、その【隠し扉】っていうのが――――――ここ! リリー!!」
「はーい!」

 俺の合図とともに、リリーは女子更衣室の隣にある壁に向かって、思い切りキックをかます。

 ドゴオオオオオオオオオオ――――――ン!!

 まるで爆発と思えんばかりの威力の蹴りで、壁は粉々に吹き飛ぶ。 もうもうと立ち込める煙の中、俺達の目の前に現れたのは――――――。

「こ、これは……!!」
「ま……まさか……!!」

 煙が晴れ、そこにあったのは、空間。5畳ほどの広さの、狭い部屋だ。
 だが、その部屋の存在よりも、何よりも目を見張るものが、この場所にはある。一同は青ざめ、中には顔を背ける者もいる。

「ま……ま……!!」

 部屋の隅には、ベッドが置いてあり、その上には――――――。

「――――――【マーカス】――――――!?」

 裸にされたマーカスさんの遺体が、うつぶせで眠るように置かれていたのだ。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する