設定を選択してください。

聖女召喚

聖女召喚
 キキィィィ―――――――――!

 目の前でトラックが急停止した。体ごと振り返った私の目の前5センチ先にヘッドライトが光る。
 思わず放した傘が風に舞って消えていった。

「あぶねーじゃねーか! 以前だったら死んでいたぞ!」

 私は運転手さんに謝り、足早に家に帰った。

 最近、こういうトラックとのニアミスが多い。ほぼ毎日。もう3ケ月もだ。
 今日も危機一髪で難を逃れたよ。ある時は急に立ち眩みで動けなくなったり、またある時は、何もない所で転んで動けなくなったり。

 「自動運転が義務化される前だったら、命がいくつあっても足りなかったね」、っていろんな人から言われる。





「今回も駄目だったか」
「はい。20年前は成功した召喚魔法が、なぜか機能しなくなりました。向こうの世界のトラックなるもので召喚する魔法。術式は完璧なのですが。聖女召喚できなければ、この世界は」

 科学技術の向上が異世界を滅ぼすことになろうとは、誰も知ることが出来なかった。

最新話です



トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する